高速USB端子があるなら外付けも有効

HDDの付け替えが容易なPCケース

最近はHDDの容量も大きくなってきたので、あまりPCのHDDを換装することも少なくなりました。しかし、家族の思い出のビデオをためていたり、TVの録画、画像やゲームデータなどを保存していくと2TBほどのHDDも結構うまってきてしまいます。また、そういった動画はあまり頻繁に見ないのも事実ですが、いつまた編集したりしようするかわかりません。そんなときにはHDDをいつでも換装可能なPCケースが便利です。

EPSON Pro7000

前面にHDDの収納ケース扉があるので、HDDの換装が非常に簡単です。CPUやグラボなども色々選択可能です、銀色のデザインがインテリアとしても栄えるのではないかと思います。

chyangfun CFI-A7007

HDDの収納ベイだけが扉で開閉するタイプです、頻繁にHDDを増設、交換してしまうような方には嬉しいものだと思います、HDD収納数も非常に多いです。

enermaxjapan HOPLITE / ECA3220

enermaxjapanのはHDDを挿せるホットスワップドックが上面についています。(対応はマザーボードなどによります。)HDDをそれこそ頻繁に持ち歩くような方にオススメのPCケースです。フロントの下面にも搭載ベイがあるので、こちらも使い勝手がよいです。色々な形式のHDDベイがあり、やはり頻繁にHDDを抜き差し、またはSSDの抜き差しや換装をする方には、いちいちPCケースを開け閉めするのは面倒だと思います。HDDケースに収納して、USBでという手もありますが、データ容量が多いとやはりSATA接続の方が良いと思います。また、もしもPCケースまで買うのは躊躇われるという方は、5インチベイをHDDベイに交換する品物もあります。

owltech OWL-BDR35SA

ゲーミングPCオススメ.bizでも解説されているようにowltechはドスパラのカスタマイズで選べる人気メーカーです。これがあれば、簡単にHDDの換装が可能となります、まだちょっとPCケースまで手が出ないという方はこういったものも使用して使用感をためしてみるのもよいと思います。とにかく、HDDやSSDの交換を頻繁に行うような方はこういったPCケースなどがあるので、いっそPCケースの新調などを考えて自作などを考えると楽しいと思います。

USB3.1接続対応の外付けHDDケース

USB3.0から3.1になり転送速度がどれくらい向上したか?というのはあまり理解している方はおられません、0.1程度の差なのであまり凄いことはないのだろう?と思う方はいらっしゃると思います。

しかし、転送速度をベンチマークなどではかってみると、2倍とまではいかないにしても1.8倍くらいの性能は得られております。HDDの内蔵ベイがあるような大きなタワー型のPCを使用している人は良いですが、ミニPCやノートPCを使用している人は外付けHDDを使用するので、少しでもデータ転送速度が速いほうが嬉しいです。ということで、USB3.1接続が可能な外付けHDDを紹介いたします。

玄人志向

3.5インチ用及び2.5インチ用のケースです、ケースへの設置はネジもないので簡単に取り外しが可能です。お値段は5000円ほど

センチュリー

ケースではなくむき出しですが、接続はあるいみ非常に楽なので、沢山のHDDを差し換えて使うかたには良いと思います。こちらはケースタイプで2.5インチ用です、他のケースより安価です。まだ、あまりUSB3.1に対応するHDDケースはありません、少しでも速い通信速度で大きなファイルを外付けでやりとりしたい!という人が少ないというよりまずUSB3.1の普及が少なく対応しているマザーボードも少ないということからでしょう。

しかし、少しでも速度向上をはかりたいのなら、変えておいて損はないかと思います、必要な時が買い時だと思います。また、USB3.1の速度であれば、USB2.0あたりであれば外付けをSSDにしてもあまり速度向上を体感できなかった方も、USB3.1であれば外付けSSDの恩恵をうけられるのではないでしょうか?

やはり忙しい毎日、データ転送やバックアップ(とくに動画)は少しでも快適に短時間で行いたいですので、USB3.1への移行は思いたったが吉日で行ってみるのも良いと思います。